収納・インテリア

「おもてなしリビング」をつくるための4つのポイント

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

帰省や夏祭り等で家に人が集まる機会の多くなる今の季節、おもてなし目線でリビングを整えてみませんか?

いつもより少し手間をかけた空間は、訪れる人の気持ちをほぐし、歓迎の気持ちを表す事にもつながります。

今回は、そんな「おもてなしリビング」をつくるためのポイントをご紹介します。

 

床置きをなくす

リビングの床にものが置かれていても、その部屋で生活していると風景の一部になってしまいがちですが、来客には目につきやすいですし、ものにつまずいて転倒の危険性も。

床置きを無くすためには、まず収納の中を見直し不要なものを処分して床に置きっぱなしになっていたものを収めるスペースを確保しましょう。

収納の中にしまい込むと出し入れが面倒という方は、普段は出しておいて来客の際だけ中に収めるといいですね。

 

ほこりを掃う

せっかくインテリア雑貨を飾っていてもそこにホコリが溜まっていては、お客様に不潔な印象を与えてしまいます。

雑貨を沢山飾りすぎると、ホコリを掃うのが億劫になって掃除の頻度が少なくなってしまう事もありますので、そんな時は飾っておく雑貨を厳選して掃除のハードルを下げるようにしましょう。

 

インテリアの見せ場をつくる

リビングに人の目線が集まる「インテリアの見せ場」をつくっておくと、部屋の印象がグッと良くなります。

観葉植物やお気に入りのポスターや飾り棚などの見せ場をつくる事で、リビングがセンスアップするだけでなく、視線がそちらに集中して他のごちゃついた場所が気にならなくなるという効果もあります。

 

アロマで臭い対策

人間の嗅覚には順応しやすいという特色があり、普段過ごしている部屋の臭いには鈍感になります。

お招きする人に不快な思いをさせないよう、来客時にはアロマを使った臭い対策がオススメです。

ラベンダーやレモングラスなど消臭効果のあるアロマオイルを重曹に混ぜて部屋に置いておくと、消臭効果だけでなく、リラックス効果も得られますよ。

 

「おもてなし」とは、お客様に対する心のこもった待遇や接待を意味します。

完璧に整った部屋を目指さなくても、お招きするお客様がくつろぎ、心地よく過ごせるかどうかを考えながら部屋を整えてみて下さいね。

 

この記事を書いた専門家:整理収納アドバイザー 中西彰子

夫と子供二人の四人暮らし。自己流で部屋の整理をしていくうちに、部屋の居心地がよくなった事で整理収納の効果を強く実感。 部屋が整うと暮らしの質も向上します。お片付けで暮らしを豊かにするための整理収納術をお伝えします。

ブログ:ここちいいへや〜お片付けで暮らしを豊かに〜

http://ameblo.jp/kokochiiiheya/

 

ABOUT ME
お届けリストランテ・東條
お届けリストランテ・東條
プロの料理人によるおもてなしを、ご自宅で。そんなご要望をカタチにした出張シェフサービス「お届けリストランテ」の企画運営をやっております。 シェフと共に、感動をお届けします。
お届けリストランテ

出張シェフ・ケータリング お届けリストランテ
お届けリストランテは、お客様のご自宅にシェフが出張し、レストラン気分が味わえるサービスです。

料理のジャンルは和洋中や、各種エスニック。お客様のご要望やご利用シーンに応じてお選びください。 料金は、お一人様¥4,000からとリーズナブル。

外食並みの料金で、ご自宅に本格的で美味しい料理という非日常をお届けいたします。 各種パーティ、女子会、特別な方へのおもてなしなど、お客様のあらゆるシーンを演出いたします。